ボックス画像1

人生のパートナー・靴

ボックス画像1

「無難」が魅力のコンバース2種

ボックス画像1

激渋ニューバランス

ボックス画像4

老若男女の市民靴・DUNK

男の靴選びのルール

男のオシャレは、足元で決まります。ボロボロのスニーカーで女の子にモテるわけもなければ、汚らしい革靴で契約が取れることもありません。失敗しない靴選びの方法を知りましょう。オシャレ初心者は必見です!

どれだけカッコいい服を揃えても、足元がダサければ話になりません。特にオシャレ初心者の男性は、靴をおろそかにしがち。ボロボロのスニーカーやTPOをわきまえないシューズでは、恋愛も仕事もうまく進められません。靴選びのハウトゥーを学びましょう。

<まずは確固たる「観点」を持つこと>

靴を選ぶときに大切なのは、まず3つの「観点」を知ること。サイズ、季節感、TPOを考えて選ばなければ、絶対にセレクトは失敗します。何用なのか、時期はいつなのか、足のサイズは本当に合っているのか。そんな基本的なことができないために、いつまでも失敗靴を買い続けてしまう人もいます。

基礎の基礎が大切だということを忘れてはいけません。どんな靴を選べばいいかわからずショップに行っても次々と目移りしてしまう人は、この基礎がなっていないということ。3つの観点を押さえれば、おのずと選択肢は狭まり、必要な靴が浮かびあがってきます。

種類を知らなくちゃ、成功も何も…

靴にはいろいろな種類があります。しばらくビジネスシューズしか履いていないお父さん世代は特に、靴の種類には無知な印象があります。スニーカーは昔、「バッシュ」と呼ばれていたそうです。「バッシュ」とはバスケットシューズのことで、スニーカーの中でも大人気の種類ですが、バッシュだけがスニーカーのすべてではありません。さまざまなバリエーションがあり、それぞれに固有の特長があります。
また、革靴にも単なるビジネスシューズと、普段履きにも使えるセミドレスシューズ、ヘビーデューディーなブーツなどがあります。靴の種類と役割、また各ブランドの特長を広く知っておかなければ、上手な靴選びはできません。

<靴のミスは人生のミスにつながる!?>

靴の選択を間違えると、一気にファッションの総合得点が下がります。また、むくみや靴擦れなどの現実的な害を負うことも…。異性からの「モテ」も薄まる危険があります。どれだけ慎重になっても慎重になりすぎることがない…それが、男の靴選びというものです。

このサイトでは、靴選びに大切なポイントや、実際におすすめできるモデルをいくつも紹介していきます。近々購入を考えている男性の方は、セレクトの参考にしてください。

zozotown

バナー2

Copyright© 2013 男の靴選びのルール All Rights Reserved.